高ボッチ高原

27

高ボッチ高原

撮影データ

撮影機材(カメラ):SONY α99 II
撮影機材(レンズ):SONY SAL135F18Z Sonnar
絞り値:F/7.1
露出時間:1/3.2秒
ISO:400
焦点距離:135mm
撮影場所:高ボッチ高原(長野県)
撮影日:2019年11月10日

撮影エピソード

首都圏からのアクセスも良く、駐車場も広くて雲海・夜景・富士山と絶景が望めることでも大人気な高ボッチ高原。最近では「ゆるキャン△」でも紹介されたようで今まで以上に人が増えているようです。ただ駐車場までの道のりは暗い山道をのぼっていくので安全運転でお願いします。霧が出ることが多いので慣れていない人はゆっくり登っていきましょうね。

駐車場周辺についても路上駐車が多すぎて道が狭いので他の車にぶつけたりしないように気を付けましょう。駐車場はかなり広いので空きはあるのですが、展望スポット近くの路上に車を停める人が多いので困ってしまいます(-_-;)

高ボッチ高原

高ボッチ高原は霧がすごいです!ちょっと明るいライトをつけるとこんな感じになるくらい。光が霧に反応してライトセイバーみたいになります(*´ω`*)

高ボッチ高原

駐車場から歩いて数分の展望スポットには深夜でもカメラマンがいっぱいいます。等間隔に三脚を並べて撮影をしていたり、朝日が昇るまで三脚を置いて駐車場で休んでいる人も結構います。ちなみに11月とはいえ三脚表面が凍り付くくらい寒いです。防寒対策はしっかりしておきましょう。

高ボッチ高原

深夜に雲海を撮影し、朝日が昇るところも撮影したかったので防寒対策はかなりしていったので暖かいくらいでした。着ているのはドッペルギャンガーの着る寝袋です。もう5年位は使っているのですがかさばるのですが寒い時期の夜景撮影などでは快適になります。

高ボッチ高原はアクセスのしやすさから夜景を見に来たっぽいカップルも見かけますがすごい薄着で来ちゃった人も結構見かけました。風邪をひいちゃいそうなので防寒対策をしていくことをオススメします。ユニクロのダウンとかを着るだけでもだいぶ変わると思いますよ。もしくはワークマンの防寒着とか安くてかなりあったかいのでいいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。